無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

母と娘
翌日
あなた

あ、お母さん。

遅くなっちゃってごめんね。
ちょっと仕事場に顔だしてきた。
あなた

そんな毎日来てくれなくてもいいのに。
海斗もいるからさ。

大丈夫だって。お父さんもいるし。
あなたは家のことは心配しなくていいの。
あなた

…私がもういつ死んじゃうかわかんないもんね。

あなた…
あなた

ごめんね。お母さん。ほんとにごめんなさい。

謝らないの!お母さんはあなたが今、生きててくれるだけでこんなにも嬉しいんだから。
あなた

ねぇ。

なーに?
あなた

私ね、この病院に来れてよかった。
私の最期がここでよかった。

あなた

ここの先生達は皆私のことを考えてくれてる。大丈夫だよって言うわけでもなく、治してくれるわけではない。でもね、私はここの先生達に治療以上のものをもらった気がする。

あなた

感謝してもしきれない。
余命宣告されてからやっぱり落ち込んで辛かったけど側にいてくれた。それがどれだけ生きようって思えたか…。

そう…
あなた

お母さんもこうやって毎日来てくれてる。

うん。
あなた

ありがとう、お母さん。

あなた…。
あなた

ちょっと、泣かないでよ。

うん、ごめん、ごめんね。
あなた

ハグして。

あなたっ。
あなた

お母さんっ…。

もう死ぬみたいに言わないでよっ…
あなた

あなた

…大好きだよ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆいな
ゆいな
高2女子です!一日中コード・ブルーの事を考えています♡ コード・ブルーに夢や希望をたくさんもらいました。 感謝してもしきれません、ありがとうコード・ブルー
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る