無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

翌日
あなた

(昨日鎮痛剤入れてもらったからかな…一昨日よりかは苦しくない…トイレ行こ)

あなた

よいしょっ…ふぅ…
(トイレ行くにもまぁ辛い…本当に悪くなってる気がするなぁ)

そこへ冴島が通りかかった
冴島はるか
冴島はるか
どうした?
あなた

トイレ行ってきます。

冴島はるか
冴島はるか
車いす押すわ。
あなた

大丈夫!HCUからトイレ廊下進んですぐだし。

冴島はるか
冴島はるか
私ちょうど今、暇なの!
あなた

じゃあ、お願いします…

あなた

冴島さん、付いてきてくれてありがとう。

冴島はるか
冴島はるか
いえいえ。
藤川一男
藤川一男
はーるか!あなたちゃんも!
冴島はるか
冴島はるか
ちょっと仕事中!
あなた

全然いいですよ笑

冴島はるか
冴島はるか
もう!藤川先生、高校生に気を使わせてる!
あなた

私から見てすごく微笑ましい2人だなぁ…

藤川一男
藤川一男
ほんと!?嬉しいね〜はるか!
冴島はるか
冴島はるか
余計なこと言わない!
藤川一男
藤川一男
は、はい…
あなた

2人にはずっとこのままでいてほしい!

藤川一男
藤川一男
もちろん!別れる気は一切ない!
あなた

ふふ。

冴島はるか
冴島はるか
…調子に乗っちゃって。
あなた

あ。

藤川一男
藤川一男
ん?
あなた

虹!ほら、外。

藤川一男
藤川一男
おー!ほんとだ!虹だ!
冴島はるか
冴島はるか
綺麗…
緋山美帆子
緋山美帆子
騒がしいなぁ…どうしたの?
あなた

緋山先生、虹ですよ。

緋山美帆子
緋山美帆子
わー!ほんとだ!久々に見たな。
あなた

うん。

緋山美帆子
緋山美帆子
あなたちゃん痛みは?
あなた

昨日、白石先生に鎮痛剤入れてもらっていつもよりはまだマシかな。

緋山美帆子
緋山美帆子
無理しないでね、藤川に合わせて。
藤川一男
藤川一男
おいー、緋山!
緋山美帆子
緋山美帆子
あー、虹綺麗。
藤川一男
藤川一男
無視かよ。
あなた

ほんと、綺麗…。これで最後かなぁ。なんて。

藤川一男
藤川一男
緋山美帆子
緋山美帆子
…虹って奇跡の塊じゃない?ほんの数分したら消えてしまう。どこでも見られるわけじゃない。それを見れた私たちは奇跡だと思うなぁ、私は。きっとまた奇跡に会える。
藤川一男
藤川一男
ほんとそうだな!
あなた

そうだね…奇跡だ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆいな
ゆいな
高2女子です!一日中コード・ブルーの事を考えています♡ コード・ブルーに夢や希望をたくさんもらいました。 感謝してもしきれません、ありがとうコード・ブルー
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る