無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

余命宣告された少女
数日後
あなた
(…やっぱ頭痛い…もうむり…)
あなた
冴島さん!
冴島はるか
うん?
あなた
藍沢先生呼んできてください。
頭痛くてもう我慢できない。
冴島はるか
…わかった。
藍沢耕作
どうした?大丈夫か?
あなた
…大丈夫じゃない。痛い…
藍沢耕作
CT行こう。歩けるか?
あなた
うん。ゆっくりなら。
立とうとした瞬間、激しい目まいが襲った
あなた
…うっ…
藍沢耕作
おい!大丈夫か?
あなた
…なんで、なんで歩けないのっ!
前までは歩けたのにっ、普通に立てたのに…どうして…
藍沢耕作
…冴島、車いす持ってきてくれ。
冴島はるか
…はい。
〜医局にて
白石恵
藍沢先生?検査結果どうだった?
藍沢耕作
…腫瘍が急激に大きくなって、神経を巻き込んでる。早く取り除かないともっと大きくなる。
白石恵
藤川一男
ご両親には連絡ついて今、向かってる。
あなたちゃんは?
緋山美帆子
鎮痛剤打って今は安定してる。
説明も一緒に聞けると思う。
白石恵
私も一緒に説明するわ。
藍沢耕作
あぁ。
冴島はるか
失礼します。堀部あなたさんのお母様が
カウンセリング室にいらしてます。
藍沢耕作
行こう。
緋山美帆子
あなたちゃんカウンセリング室に連れてくわ。
白石恵
お願い。
藍沢耕作
失礼します。
白石恵
失礼します。
あの!あなたに何かあったんですか!?
どうしたんですか!?大丈夫ですか!?
白石恵
落ち着いてください。
緋山美帆子
失礼します。
あなた…
あなた
お母さん。車いすになっちゃった…
昨日は歩けてたもんね…今はどこか痛い?
あなた
ううん。鎮痛剤打ってもらったから大丈夫。
藍沢耕作
今の堀部あなたさんの病状を説明します。
あなた
はい。
藍沢耕作
腫瘍が急激に大きくなって、脳を圧迫し始めています。
腫瘍?事故の時にできた腫瘍の事ですか?
藍沢耕作
はい。このまま放っておくと薬では抑え切れなくなり、激しい頭痛、吐き気、痺れ、倦怠感などの症状が出てきます。
白石恵
今はまだ薬で抑えられてます。
でも時間が経つにつれて、耐性ができてしまい効き目が薄くなってしまうんです。
そんな…
藍沢耕作
至急、腫瘍を取り除く手術が必要です。
あなた
…手術?頭をあける手術?
藍沢耕作
はい。
今すぐにお願いします。
あなた
お母さん!ちょっと待ってよ。
手術しないとあなたが苦しいだけなのよ?した方がいいに決まってる!
あなた
…もういい、もういいよ。
あなた?
あなた
私の余命は後1ヶ月なんだよ!?
なんで手術しなきゃいけないの!?
私はもう自分の力で歩けなくなった。立てなくなった。もう私は死ぬんだよ!?
まだ今は生きてるじゃない…その1ヶ月をちゃんと生きるためでしょ?
あなた
ちゃんと?ちゃんとってなに?私は事故からこの2ヶ月精一杯生きてきた。
諦めかけてた時もあったけど、その度に助けてもらった。
もう、充分だよ、もう…充分…。
お母さんはあなたに少しでも長く生きてほしい。
あなた
その直後あなたはその場に倒れてしまった
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡