無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

余命宣告された少女
翌日
その日
〜朝
あなた
…ん、いった…うっ…
あなた
(朝か。痛みで目が覚めるなんて初めて。
なに?なんかいつもと違う感じ。なんでこんなに苦しいの…)
緋山美帆子
あなたちゃん。どうかした?
あなた
あ…緋山先生…朝早いね。
緋山美帆子
当直で泊まりだったの。暇だったから様子見に来た。
あなた
…ありがとう。
なんか…いつもより…痛い。
緋山美帆子
横向いて。
あなた
っ…ふぅ…
緋山美帆子
背中さするね。優しくするから。
あなた
…気持ちいい。
緋山美帆子
ゆっくり深呼吸してて。
あなた
うん。
緋山美帆子
1人で抱え込まなくていいからね。
あなた
…うん。
緋山美帆子
どう?ちょっとは楽になった?
あなた
うん。…すごく。ありがとう。
〜医局にて
白石恵
おはよう。
藤川一男
おー!白石おはよう。
緋山美帆子
おはよ。
藤川一男
おい!藍沢無視かよ!
藍沢耕作
…おはよ。
緋山美帆子
あなたちゃんのことなんだけど。
白石恵
どうした?
緋山美帆子
いつもより痛いって。
それに苦しそうなんだよね…。
白石恵
そう…。
緋山美帆子
だから背中さすってた。
藤川一男
緋山が?
緋山美帆子
うん。
白石恵
…緋山先生の優しさって染みるね。
藍沢耕作
きっと嬉しかっただろうな。
白石恵
そうね…。
〜夜
あなた
(今日一日辛かったな…)
あなた
…うっ…痛いっ…痛い!
冴島はるか
どうした!?
あなた
…苦しいの…はぁ…はぁ。
その時、あなたのベッドサイドモニターの音が
HCUに鳴り響いた
冴島はるか
今、先生呼ぶからね!
あなた
はぁ…はぁ…
藍沢耕作
冴島!どうした?
冴島はるか
血圧下がってます。
藍沢耕作
エコー持ってきてくれ。
冴島はるか
はい。
冴島はるか
お願いします。
服、めくりますね。
白石恵
どうしたの!?
藍沢耕作
心臓の近くの血管が破れて、そこから出血してる。
冴島はるか
心拍も落ちてきてます!
あなた
…はぁ…先生…助けてっ…
藍沢耕作
…止血薬入れてくれ。
あなた
ピー ピー ピー
冴島はるか
VFです!
藍沢耕作
除細動!
冴島はるか
はい。
藍沢耕作
 離れろ。
…ドンッ
藍沢耕作
ダメだ。20ジュール。
冴島はるか
はい。
藍沢耕作
離れろ。
…ドンッ
藍沢耕作
…くそ。心マする。エピいれてくれ。
冴島はるか
はい。
5分後
藍沢は心マし続けた
藍沢耕作
エピ増やしてくれ。
冴島はるか
は、はい。
白石恵
…藍沢先生。
藍沢耕作
白石恵
藍沢先生!
白石は藍沢の手をはたいた。
あなたの心拍、呼吸は止まった。
白石恵
…19時36分。もうすぐご家族がいらっしゃる。
藍沢耕作
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡