無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

余命宣告された少女
数日後
あなた
…うっ…っ
(ここ数日胸が少し苦しい。やっぱり私、ほんとに死んじゃうんだ)
冴島はるか
どうしました?どこが痛い?
あなた
大丈夫。
冴島はるか
でも…
あなた
ほんとに大丈夫ですから。
冴島はるか
あの藍沢先生。
藍沢耕作
なんだ?
冴島はるか
あなたちゃんの事なんですけど
たまに胸を押さえて苦しそうにしてる時があるんです。どこが痛いか聞いても大丈夫しか言ってくれなくて…
藍沢耕作
そうか…俺も気にかけてみる。
ありがとう。
数日後
あなた
うっ…はぁ…
(また少し苦しい。すぐおさまるのはよかったけど…なんで…)
藍沢耕作
痛むか?
あなた
えっ?ううん、大丈夫。
藍沢耕作
でも苦しそうな表情してるだろ。
あなた
大丈夫だから!平気だから!
藍沢耕作
そんなに俺たちの事が信じられないか?
あなた
信じるとか信じないとかそういう問題じゃないし!
あなた
うっっ…
藍沢耕作
冴島、アルドステロン拮抗薬持ってきてくれ。
冴島はるか
はい。
あなた
…はぁ…はぁ…
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡