無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

藤川先生
翌日
〜医局にて
藤川一男
藤川一男
おはよう!
緋山美帆子
緋山美帆子
おはよ。
白石恵
白石恵
おはよう。
藤川一男
藤川一男
緋山、昨日寝てないだろ?
目のくま!やばいぜ!
緋山美帆子
緋山美帆子
昨日、頑張りすぎちゃったからかな。
でもちょっとは寝たから大丈夫。
白石恵
白石恵
あ、藤川先生。
藤川一男
藤川一男
ん?なに?
白石恵
白石恵
これ…。
藤川一男
藤川一男
手紙か?俺に?誰から?
白石恵
白石恵
あなたちゃん。
藤川一男
藤川一男
あなたちゃん?
白石恵
白石恵
昨日の夜、堀部さんが届けに来てくださったの。
緋山美帆子
緋山美帆子
私ももらったよ。
藤川一男
藤川一男
そうか…手紙か…。
白石恵
白石恵
じゃ、ICU見てくる。
緋山美帆子
緋山美帆子
私はラウンド行って来なきゃ。
バタン
藤川一男
藤川一男
(誰もいなくなっちゃったし、読んでみるか。)
ー ー ー
藤川先生へ
この手紙で私から藤川先生への感謝を伝えさせてください。
藤川一男
藤川一男
(感謝…)
私は藤川先生の明るさにすごく励まされました。藤川先生と話していると私も自然と笑顔になれて、気づいたら声を出して笑えてた。たくさんの明るいパワーをいっぱいいっぱいもらいました。藤川先生が私の所に来てくれると今日はどんな話をしてくれるのかなってワクワクしてる自分がいました。
藤川一男
藤川一男
(そんなに喜んでくれてたのか…)
でも藤川先生は明るいだけの先生じゃなかった。前に私の隣の患者さんが急変した時、すぐに駆けつけて治療をして無事に命を救っていた時がありましたよね。それを見てただ明るいだけの先生じゃなかったんだって思いました。とても輝いてかっこよく見えました。

藤川先生の明るさは人の心をも救える。すごいって思いました。

藤川先生、支えてくれてありがとう。


堀部あなた
ー ー ー
藤川一男
藤川一男
…よし!今日もがんばろ!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆいな
ゆいな
高2女子です!一日中コード・ブルーの事を考えています♡ コード・ブルーに夢や希望をたくさんもらいました。 感謝してもしきれません、ありがとうコード・ブルー
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る