無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

彼女らしさ
翌日
あなたを家へ帰すことになった
彼女の亡きがらを病院の前まで送った
藍沢先生、白石先生、冴島さん、緋山先生、藤川先生。本当にありがとうございました。
藍沢耕作
藍沢耕作
お礼を言われることなんて何もできませんでした。
いえ。
夫と息子が家で待ってるので早く帰ります。
白石恵
白石恵
あ、あの堀部さん!
はい?
白石恵
白石恵
お葬式のご予定はいつですか?
明後日です。
白石恵
白石恵
では伺います。
いえ、大丈夫です。結構です。
白石恵
白石恵
でも…
あなたが望んだ事なんです。
白石恵
白石恵
え?あなたちゃんが?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1ヶ月前
あなた

ねぇ、お母さん。

なーに?
あなた

私が死んだらお葬式とかやるでしょ?

急にどうしたの?なんかあった?
あなた

ううん、何もないよ。

そうね…。
あなた

ここの先生達が私のお葬式に来るって言っても断ってね。

え?どうして?
あなた

だって先生達は医者なんだよ?お葬式って事はこの世に私の命がもうないって事。死んでまで迷惑かけたくないの。

でもそれが最期の別れなんだよ?
あなた

…そうかもしれないね。けどいいの。先生達には救える命がある。だから私の命の分までたくさんの命を救ってほしいんだ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
死んでまで迷惑かけたくない。そうはっきり言ってました。
白石恵
白石恵
そうですか…。
では。
5人は深々とお辞儀をしてあなたを見送った
緋山美帆子
緋山美帆子
…あなたちゃんらしいね。
冴島はるか
冴島はるか
そうですね。
藤川一男
藤川一男
最期まで俺たちの事を想ってる。優しすぎるだろ。
藍沢耕作
藍沢耕作
…彼女はそういう人だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆいな
ゆいな
高2女子です!一日中コード・ブルーの事を考えています♡ コード・ブルーに夢や希望をたくさんもらいました。 感謝してもしきれません、ありがとうコード・ブルー
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る