無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

レンタル彼女






















『 あの、』



長尾「 ごめん! 」








































謙杜からの予想もしてなかった言葉



私が悪いのになんで謙杜が謝るんだろう























































長尾「 あなたちゃんの仕事とか別に僕知らんくていいのに、うざかったよな 」



『 …ううん、私こそごめん』



『 隠すほどの事じゃなかったのに 』



長尾「 …実は僕も嘘ついてて 」



『 え? 』






















































長尾「 親と喧嘩してあなたちゃんの家行ってるって、あれ嘘 」



『 え、』



長尾「 あの、僕、えと… 」



『 ゆっくりでいいよ? 』



長尾「 うん、あのな 」













































































分かりやすいくらいに動揺してる謙杜



親と喧嘩して無いってことは、なんで私のとこに来てるんだろう



‘ あの、 ’



その先を聞きたいとは思ったけど



謙杜が言えるまではいいかな、なんて


























































長尾「 僕、」


















































































長尾「 僕、あなたちゃんが好きやねん 」