無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第14話

レンタル彼女






















『 え、? 』








































謙杜からの思いもよらない、



直球に投げかけられたその言葉



頭がぐらぐら揺れて



でも思考回路は止まって



ただ時が過ぎていく







































長尾「 っ、ごめん 」


長尾「 返事は今度でいいから! 」


長尾「 …けど、本気ってことは分かっててほしい 」





























“ じゃあ、帰ろ! ”


っていつもの笑顔で言う謙杜


心がぎゅーってなって少し苦しかったけど


この苦しさは申し訳ないからなのか、


それとも__________