無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog






















「 疲れたぁ、 」














































雑誌の撮影も終わり



何気ない一日を過ごした今日










































「 …なにこれ 」








































たまたま目に入ったチラシを手に取った






























































「 レンタル彼女 受付中 …? 」




















































レンタル彼女 × なにわ男子

































































『 おにーさん、レンタル彼女してみーひん? 』





































































来波 あなたこなみ あなた 20歳




レンタル彼女



普段は大手企業に勤める