無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

仮入部
入学式から4日後

仮入部が始まった…

私は小学校の頃から陸上部に入りたいと

思っていたから陸上部に寄り道なんてし

なでいまっすぐ行こうとした…

けれど場所が分からなかった…

そんな時ある会話が聞こえた

先輩
ハンドボール部においでよ!!
いえ!!陸上部に行かないと行けないんで!!
先輩
そんなこと言わずにさ!!ね?
先輩
ハンド楽しいよ?
1-6と書かれた下駄日この前で勧誘され

てるのってクラスの子だよね?
勧誘すごいな~

なんて考えながらその男の子に声をかけ

山本 芽依(やまもと めい)
陸上部?良かったら一緒に行かない?
ん?いいよ!!😊
そう笑顔で言ってくれた
山本 芽依(やまもと めい)
それにしても勧誘エグいねww
うんww勧誘エグかったww
なんてさっきの勧誘の事を話ながら多分

陸上部が集まるところに着いた
先輩
陸上部?
山本 芽依(やまもと めい)
はい!!そうです!!
先輩
短距離?長距離?
山本 芽依(やまもと めい)
短距離です!!
短距離です!!
それから私は先輩とお話をしていて

その男の子の名前を聞き忘れた…