無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

12話
ジミン「何します?」

あなた「ねぇ、そこの2人が決めてよ‪w」

ジン「え?俺達が決めてもいいの?」

グク「いいのかなぁ〜?‪w」

あなた「なにが?‪wとにかくはやく決めてよ‪w」

ジン「じゃあ……」

ジン、グク「王様ゲーム!」

ジミン「え……?」

あなた「却下!」

ジン「はやく決めてって言ったのはどの口かなぁ〜?」

グク「この口でーす」

ジミン「あなた、残念だったな‪w」

あなた「もう!分かったよ!(`ε´)」

グク、ジン「いぇーい( ー̀∀ー́ )」

ジミン「い、いぇーい‪w」

あなた「はい、このくじ引いて!」

4人「王様だーれだ!」

グク「ニヤニヤ(°∀° )ニヤニヤ」

ジミン「絶対グク君でしょ〜!」

※ジミンは一応「君」付けてます‪←グクは嬉しいから呼び捨てでいいよって言わない

ジン「やぁー、グク〜!序盤から少し攻めてもいいんだぞ〜?」

あなた「はやく命令言って」

グク「じゃあ…王様に1番がほっぺにキス!」

1番 ジミン
2番 あなた
3番 ジン

ジミン「えっと〜……」

グク「え?もしかして……?」

ジン「へ(≧∇≦へ)✲゚.*きゃー」

あなた「ぐ、グク……‪w」

ジミン「そのもしかしてです……」

ジン、あなた「(≧∇≦*)キャハハ キャハハ」

グク「失敗したー!ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ」

ジミン「失敗……?( ˙-˙ )」

ジン「はやくキスしちゃえよー!」

あなた「キス!キス!キス!」

グク「うるさい!じゃあジミン!やるぞ!」

※グクはジミンが敬語使ってるからいい気になってタメ語。(ジミンは気にしないタイプの人)

ジミン「はい!(゚A゚;)ドキドキ」

どんどん顔が近づく…………

ジン「ぁあ〜」

あなた「きッ……」

チュッ

ジン「あぁーーーーー!」

あなた「きゃーーーーーーー!」

グク「ぐゎーーーーーーーーー!」

ジミン「やーーーーーーーー!」
























4人「さ、叫びすぎて疲れた……」