無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

8話
ジミン「このまま先生いないしヤっちゃう?」

あなた「嫌だよ……」

ジミン「なんで?俺とヤれるなんて女子の憧れだよ?」

あなた「私そういうことヤったことないよ……」

ジミン「俺上手だよ?処女でも気持ちいいと思う」

あなた「………////」

ジミン「早く決めなきゃ先生来ちゃうy」

|*´ー`*)ノ|Ю ガチャ

ユンギ先生「おい、ジミン何やってんだ」

ジミン「うわ、もうちょいでいいタイミングだったのに。」

ユンギ先生「もう下校時刻だぞ、帰れ」

あなた「ユンギ先生……聞いてましたよね……」

ユンギ先生「あなたも帰れ、俺の保健室で勝手にヤるな」

あなた「私はそんなことするつもりなかったです!////」

ジミン「照れてたくせに……」

ユンギ先生「はやく帰れってば!何回言わせるんだよ!」

あなた・ジミン「ごめんなさい」

私達は帰った。

けど………

あなた「なんで着いてくるの?」

ジミン「送ってやってんだよ」

あなた「頼んでないけど?」

ジミン「いいから!」

あなた「ふーん……」