無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

7話
保健室に着いた。

あなた「失礼しま〜す…あれ?」

ジミン「先生がいないな……」

あなた「とりあえず、乾かして!外で待ってるから!」

ジミン「なんで外で待つ必要があるんよ」

あなた「え?だって、今からジミンくん脱ぐんでしょ?」

と、いきなりジミンは脱ぎ始めた

ジミン「別にいいだろ?」

あなた「いや、やっぱり外で待っt…!?」

私はジミンに保健室から出ないように引っ張られた。

あなた「え!?」

そしてジミンは引っ張ってから床ドンをしてきた。

あなた「ちょ、ちょっと!?私たち、そういう意味で来たんじゃないんだよ!?」

ジミン「どういう意味?何変なこと想像してんだよ」

あなた「それは…///」

ジミン「こういう意味?」


















私はジミンに口付けをされた。

あなた「ッ…////」