無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

4話
ジミンside

ジミンは空き教室に連れてかれた。

男子「はぁ、もうお前には呆れちゃうよな〜」

ジミン「なんの事だよ。」

男子「は?あなたちゃんのことに決まってんだろ?」

ジミン「そんな事言われても、知らねーよ」

男子「とりあえず、あなたちゃんとは一言も喋んなよ」

ジミン「なんで」

男子「喋ったらあなたちゃんがどうなっても知らねーよ?」

ジミン「…………わかった」

男子「そういうことで、じゃあな〜」

ジミン「………(-_- メ)」

ジミン💭あいつに手を出したらお前がどうなるか知らねーけどな…w