無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3話
あなたside

あなたはトイレに連れてかれた。

あなた💭ここの女の子はどんなこと話すんだろ〜、仲良くなれたらいいなぁ〜«٩(*´ ꒳ `*)۶»ワクワク←フラグ成立w

女子「あのさ、なんでこの学校来たの?」

女子は声のトーンを急に落として話した。

あなた「え?なんで?」

女子「もしかして、ジミンくん目当てとか?まじでそういうのやめてくれない?」

あなた「女癖悪いっていう人はいるって聞いたけど………」

女子「何言ってんの?ジミンくんが女癖悪いとか言いたいの?」

あなた「そういう訳じゃないよ」

女子「まぁ、隣の席だけど、一言も話さないでね?」

あなた「え、やだよ……」

女子「言うことが聞けないってこと?w」

あなた「………」

女子「ま、話したらどうなるか覚悟しとく事ね」

あなた「………」

女子達は去った。

あなた💭どうしよ…私、怖い………。