無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

5話
教室にて。

あなたは席に着いた。

あなた💭ジミンが全然来ない、どうしたんだろ。でも、ジミンを連れていった人は戻ってきてる。ジミンの話してるし……

男子「ジミンに言っといてやったからw」

女子「だから来ないの?ジミンくんに会いたいのに〜!何したの?」

男子「話しただけだけど?」

女子「ならいいけど」

あなた「………」








授業が始まった。

先生「あれ?ジミンがいなくないか?」

女子「私たちもわからないんです〜」

男子「俺達も〜」






ガラガラ←ドアが開く音

ジミン「遅れました」

女子「ジミンく〜ん♡♡」

ジミン「…………」

ジミン💭うるさッ……

ジミンは席に着いた。

女子「ジミン、どうして遅れたの〜?大丈夫〜?」

あなた「………」

ジミン「……お前らうるせーよ(ꐦ꒪⌓꒪)」

女子「え…?」

ジミン「ギャーギャーわめくなクソ女、あなたを見習え」

あなた「…Σ(๑ °꒳° ๑)ビクッᵎᵎ」

女子「…ァハハハ…ハハ…ハ…ジミンごめんねー……(^^;;」








めっちゃ飛ばします


先生「じゃあ授業終わり!」

みんな「ありがとうございました〜」

女子「あなたちゃーん、トイレ行こ〜」

あなた「う、うん……」

ジミン「…………」