無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

夢を見る
懐かしい声がする





しばらく聞いてなかった、あいつの声だ





グレゴリー…ごめん、本当にごめん…
グレゴリー
だーかーら!
ホントごめんって
グレゴリー
黙ってたのも悪いけどさぁ…
ゾイ
はぁ!?
早めに治療してれば!
治るもんだったんだろ!?
ゾイ
俺らの潜水艦を作るために!
優先順位を変えたってのか!?
グレゴリー
………悪かったよ
ゾイ
意味わかんねぇ!
俺ら2人で行くって決めたろ!?
綺麗なあの深海に!2人で!
グレゴリー
でも、仕方ないだろ?
俺はもう行けないんだ
ゾイ
もう…お前なんて知らねぇ!
俺一人でいってやるよ!
お前なんて居なくても十分さ!
なんでそんなこと言ったんだろう






ほんとバカみたいな喧嘩だな






病気なら仕方ないし





俺だったのかもな…優先順位がおかしいのは
ゾイ
頭がぼーっとするなぁ
パッ





目が覚めて、そそくさと部品を填めていく





ギギギギ…





ガシャンッ!ピカッ
ゾイ
!!!
やった!付いた!
ゾイ
これで、グレゴリーに謝れる…
ちゃんと言わなきゃな
ゾイ
病気のこと、深海のこと
喧嘩のこと、写真のこと
オレは軽々と潜水艦を動かして





すぐにでも陸へ戻ろうとした……





『 貴方が死ぬまで…あと__秒 』