無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

139
2021/11/10

第78話

🌷
〜 勝たんコン 〜
二宮瑞樹
二宮瑞樹
次は!僕二宮瑞樹が兄の曲を歌います!
お客さん
キャー!
二宮瑞樹
二宮瑞樹
まず、皆さんには恋人や命よりも大事にしてる方はいますか?(センターの地下から出てきながら)
二宮瑞樹
二宮瑞樹
僕はいます。みんなに僕のこの気待ちが届くと願って歌わせていただきます、!
二宮瑞樹
二宮瑞樹
聞いてください。二宮和也で虹。
♪ ~
♪ いつもそうよ。
拗ねるときみは。
私の大事な物を隠すでしょ。
その場所は決まって同じだから。
今日は先に行って待ってみるわ。

季節達が夕日を連れて来て
影が私をみつけて延びる・・・。

〜

風雅。聞こえてますか?
この歌詞も気持ちも君に届くように歌ってるよ

〜

♪ ビックリした顔で私をみつめては
急に口尖らせてプイっと外見るの。
ごめんね。と言うと
じゃあこっちに来てよと
ねぇ、ほら見て見て
影が重なった…。

傘がぶつかり真っ直ぐ歩けない。
そんな私を見て笑っているの。

私もやってみせてあげるの。
同じ様に口を尖らす・・・。

優しく笑うきみが
この時間が空間が
泣きたくなるくらい
一番大事なものだよ。
わざと尖らせてる
私にごめんねの返事を待たずに
優しくキスしたの・・・。

これからはちょっとくらいの我が儘。
言ってもいいよ。
でも私にだけよ。

〜

今のままじゃ君に言えない気がする。
だから今のうちに。会えなくなる前に言いたい。
すきと。

〜

♪ 面倒くさいからって
素直じゃないんだから
何で言えないのかな?
好きだよ。
一言よ?
たまには聞きたいな。
今日は私と君が
名字を重ねた日。
愛が芽吹いた日。

la…la…la…

〜

私の分まで生きて欲しい。
私の分までみんなを笑顔にして欲しい。

〜

♪ 虹がキレイだよ。
いや、お前の方が…
テレはじめるきみに。

ありがとう。ありがとう。

〜

あなたの笑顔が大好きです。
あなたの夢がいつか叶いますように。

〜

二宮瑞樹
二宮瑞樹
( ˊ•̥  ̯ •̥`)ポタポタ


なんで泣いているのだろう。
二宮瑞樹
二宮瑞樹
ありがとうございましたっ!
次はLilかんさいです、!

風雅が好きだからだ。
風雅の笑顔も、落ち着く低い声も聞けなくなるからだ



なぜか
生きたいと
全力で思った。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
NEXT