無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

📍


おばあちゃんは先にリビングの方に行った。


先生が前に、、、




うそ、なんで来てんの、?




三者懇……、、確かにおばあちゃんはこっちに来ること少ないから、出来てないけど、、




なんで、おばあちゃんがこっち来てること知ってんの、?





怖い、








ギュ。
無意識に堅治の袖を掴んでた。


あなた
(け、んじ、、)
二口堅治
ッッ、今日あなたの下の名前体調悪いんで帰ってもらっていいですか
立華 先生(たちばな)
この日しか空いてないってさっき言われちゃったんだよね〜。
二口堅治
生徒の体調優先してください
立華 先生(たちばな)
滝川しんどいの?
大丈夫か?
あなた
あっ、えっと、、
あなた
は、い
立華 先生(たちばな)
体調悪いのに遊んでた?
体調さらに悪くならない?大丈夫?
二口堅治
ッ💢遊んでた訳じゃないんで
立華 先生(たちばな)
こまったな〜、あと滝川だけ三者懇談出来てないんだよなぁ、
立華 先生(たちばな)
次いつできるだろ



もう三者懇談なんてしなくていい、



話すことなんてない、




あなた
三者懇談、、する、から、
わざわざ家まで、、来ない、でください、
二口堅治
あなたの下の名前っ!?
立華 先生(たちばな)
あれ?体調は大丈夫なの?
立華 先生(たちばな)
んま、滝川が言ってるしいっか!
立華 先生(たちばな)
二口は帰っていいよ!


やだ、帰んないで、、



二口堅治
(お前がいんのに……)帰るわけねぇだろ







〜リビング〜

椅子に座って、おばあちゃん、私、先生で、話してる。



堅治は私の部屋にいる。

立華 先生(たちばな)
いやぁ、ほんとに頼りになるんですよ〜
おばあちゃん
あらあら!
あなたの下の名前すごいねぇ〜!!
あなた
あ、うん


特に変な話はしてなくて、ごく普通の話をしてた。



いつも堅治との事聞いてくるくせに…………




話が終わって、帰る時、リビングで2人になってしまった。



立華 先生(たちばな)
あのなぁ。


リビングから出ようとドアを開けようとした時に、話しかけられた、。


あなた
な…んですか。?


振り返らず、ドアの方を向いたまま返事をする。



グイッ


立華 先生(たちばな)
それ(・・)、人に見せるもんじゃねぇぞ


首元をツン。と触れてきた。



あなた
ッッッ、!!?


堅治がつけた、キスマークだ。


あなた
みっ、見せてるわけじゃないんでっ、!
離れてくださいっ。


バシッ

先生の手を振り払って、ドアを開けた。


立華 先生(たちばな)
あぁ〜、腹立つ
立華 先生(たちばな)
(わざと見せつけてくんの)
あなた
…………は、?




︎︎