無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

📍




部活の時間、私は上から見ることにした


ていうか堅治がそーしろって









立華 先生(たちばな)
おっいた


なんでまた。?


あなた
あー、今度はなんですか??
立華 先生(たちばな)
今度クラスで決めることがあってさ
その司会を是非!と思って!
あなた
……私、じゃないとダメなんですか?
立華 先生(たちばな)
そーそー!
委員長まともにやんないだろ〜?
あなた
……まぁ、そうですけど、、
それは委員長にやらせれば……
立華 先生(たちばな)
お願い!!!
滝川だったらみんな従うんだよ〜!!
あなた
……分かりました。
だから少し、離れてください、


私の両肩に手を乗せてた。





立華 先生(たちばな)
あ、すまんすまん!
ありがとな!!
助かったわ〜!!
立華 先生(たちばな)
あ、ごめんごめん!笑
あなた
……この際だから言わせていたt______
立華 先生(たちばな)
二口頼りになるらしいな〜
相談とかしてんだろ〜?





な、んで、、



まるで先生のことを話してたのを知ってるかのように……




あなた
そりゃ、頼りになりますよ




伸びてくる先生の手……







なんか、










怖い、










バシッ












立華 先生(たちばな)
お、彼氏登場〜笑
あなた
け、んじ、


先生の手を振り払ってくれて、
堅治が私の前に立った。

二口堅治
何やってんすか
二口堅治
あ、、部活終わったらちょっといいですか
二口堅治
話あるんで。
立華 先生(たちばな)
ならここで見とくわ〜
ちょうど用事ねぇし〜!
二口堅治
はい
二口堅治
おい、下行くぞ
あなた
でも部活の邪魔でしょ
邪魔は出来ない
二口堅治
別にお前一人くらいいても変わんねぇよ
二口堅治
チビだから
あなた
なっ!!!!
二口堅治
www





気持ちを紛らわしてくれるところ好きだよ。




︎︎