無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

📍





放課後。





堅治は部活。私は遅れて見学に行こうと思った。

トイレ行きたかったから
立華 先生(たちばな)
滝川〜!
中村先生しらね〜??
あなた
あ〜、知らないです!
立華 先生(たちばな)
まじか〜、どこいんだよ〜、、
あなた
あははw探すの頑張ってくださいね
立華 先生(たちばな)
探すの手伝ってくれない!?
あなた
あ〜、用事あるんで、!
すいません!

背を向けて、体育館に行こうとしたら、





パシッ




手首掴まれた……




あなた
な、、んですかっ、?
立華 先生(たちばな)
頼むっ!!!
あなた
ッッッ、
あなた
い、そいで、、いる、ので、っ、




悪い……先生じゃない、とは思ってる。


別に男子が苦手って訳でもない。


今、ただ頼み事をされてるだけ、






なのに、




怖い







中村先生「あれ!?こんなとこにいたのかよ!探したぞ〜!!!」



あなた
あっ、、中村先生、!
立華 先生(たちばな)
……やっと見つけたわ〜笑
どこいってたんだよー!
立華 先生(たちばな)
滝川ごめんな〜!
あなた
いえ、







︎︎


私は急いで体育館に向かった。