無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

📍



んー、聞こえない




聞こえそうで聞こえない、、






「あ"ぁ"??」




あ、聞こえた、

堅治の声……









ソッ。








あなた
あ、おね、?


青根が私の耳を塞いだ。



なんで、?



これじゃ聞こえない。




あの2人が何話してるのか。





青根 高伸
(先生との話し声が聞こえたらあなたの下の名前さんの耳を塞ぐ…頼まれた。…あなたの下の名前さん少しだけ我慢だ。)
あなた
ねぇ、青根??
なんで耳塞いでるわけ???
青根 高伸
ブンブン

大きく首を横に振る。



訳わかんないんだけど、なんで???











~その頃~







二口堅治
せんせーさ。
あなたの下の名前にちょっかい出してんすか?
立華 先生(たちばな)
俺が!?
ナイナイ笑
二口堅治
(嘘ついてんじゃねぇよ。)
二口堅治
先生に俺らの事関係ないっすよね?
まじで余計な事しないでください
立華 先生(たちばな)
俺は君ら生徒が大好きだから、仲良くなろうと思ってるだけだぞ?
二口堅治
なら、なんであんな質問すんですか
立華 先生(たちばな)
あんなって??
二口堅治
とぼけるのもいい加減にしろよ……
立華 先生(たちばな)
先生に向かってその口はどうなのかな〜?
二口堅治
先生ならもっとしっかりすればいい話っすよね?
二口堅治
これ以上変なことしないでくださいね
立華 先生(たちばな)
別に変なことしてないけどねぇ〜。
二口堅治
あ"ぁ"??
二口堅治
ヤってんのかって聞いてる時点で変なんだよ!
二口堅治
もしこれ以上変に関わるんでしたら、
俺、そんときは容赦しないんで
立華 先生(たちばな)
口だけも程々にね〜。
二口堅治
っ💢

グイッ


二口は立華先生の胸ぐらを掴んだ。






二口堅治
俺の彼女に変なことすんじゃねぇよ
二口堅治
つーか汚い手で触んじゃねぇよ



バシッ



先生は二口の腕を振り払った。
立華 先生(たちばな)
二口……弁えろ(圧)





︎︎