第7話

__
あなたはその場を去ろうとすると__







テテが…
テテ
テテ
おい、ブス。


と言い、

あなたの腕を掴み、自分の方へと引き

唇が触れるか触れないかぐらいで__
テテ
テテ
お前の名前言え。
アンナ
アンナ
……イ・あなた
テテ
テテ
ㅋㅋ……
テテ
テテ
イ・アンナ。
覚悟しとけよ。







といい、軽く口付けされた。





その目を見ると、悪魔の様な顔つきをしていた。