第52話

__







それからだ__









私たちがあまり話さなくなったのも、








一緒にいることもなくなった。

















なぜか、あれ以来








テヒョンの様子がおかしく、










私から話しかけても、




無視され、














避けられている。__






テヒョンと、何度呼んでも。




貴方は、振り向いてくれない。






前までは、貴方の瞳に私が映っていたのに、









今は、



























何一つ、映らない。__



















ねぇ、テヒョン。








どうして、避けるの?……













わたし、何かした?…















したなら、謝るから。











だから、












だからッ













私を1人にしないでッ__