第144話

🐭__
(ユンギside)






俺は女を1人の女性として





見たことがない。



だが、














ある日、俺の前に現れた女は










俺の気を引くような







優しくて可愛らしい横顔。





吸い込まれそうな瞳。






サラサラな髪。








そんな女に俺は




























一目惚れをしてしまったようだ。







女の人に少しでもちかづきたくて、





俺は、アタックした。
















ほかの女なら、キャーキャー言って







俺にくっつくが、









あの人は違った。








俺に興味がなさそうに、







そう、接してくる。





いや、もしかしたら。

















嫌がっている。



だが、















俺は諦めない。__