第105話

🐤__
朝__













昨日殴られたアザは





跡が酷く残っていた__














クリームで必死に隠しても、







ほんのり浮き出ている。




アンナ
アンナ
最悪だ。……






朝から、周りの人に怯えながら





登校していると__
ジミン
ジミン
お、居た。
アンナ
アンナ
?!……
アンナ
アンナ
……



私が早足で逃げようとすれば、









ジミンに腕を掴まれ、











「逃げるな。」と低い声で言う。













私はそれに恐怖を感じ、












再び昨日のことを思い出してしまう。









そこで、私はテンパってしまい__
アンナ
アンナ
嫌だ!
アンナ
アンナ
やめて、
アンナ
アンナ
お願いッ……
アンナ
アンナ
痛い、ごめんなさいッ




と、頭を抱えてその場にしゃがみこみ









昨日、親に言ったセリフを







ジミンがいる目の前で叫んでしまった__