第74話

__






しばらく、沈黙が続いた。









この空気に私は耐えられず、









夜に渡そうと思った







テテのプレゼントを今。




















あげることにした。__

アンナ
アンナ
テ、テヒョン?
アンナ
アンナ
…こっち、向いて?
テテ
テテ
ッ……な、何?
アンナ
アンナ
こ、これ!はいッ
テテ
テテ
エ?!何これッ
アンナ
アンナ
テヒョンに誕生日プレゼントッ
テテ
テテ
え、いつこんなの!
アンナ
アンナ
さっき、別行動しよって言ったじゃん?
アンナ
アンナ
実は、テヒョンよプレゼント買うために
アンナ
アンナ
……
テテ
テテ
……
テテ
テテ
ありがとうッ!!!!!!✧︎
テテ
テテ
え!え!
テテ
テテ
開けてもいい?!
アンナ
アンナ
ウン!いいよッ!!
テテ
テテ
うわ~!!ライオンさんッ
え!欲しかったメガネだッ
テテ
テテ
え!帽子までッ!!
アンナ
アンナ
……喜んでもらえた、、かな?
テテ
テテ
うん!!!すっごく
テテ
テテ
気に入った♡✧︎
アンナ
アンナ
……よかったぁ~
テテ
テテ
あなたッ!
テテ
テテ
ありがとうッ!!
アンナ
アンナ
うんッ!!




そう言って、






彼は万遍の笑みを浮かべた。









そして、彼が、急に真剣な顔をした__