第107話

🐤__
俺は、その言葉に衝撃を受けた__















1位をとるから。







お願い。










ごめんなさい。 と、














さっきから訳の分からないことを言っていた。











そして、アザを必死に隠そうと






クリームを塗っていることも分かった。








俺が握った所もアザがあり、





クリームでベトベトだった。






そのクリームを拭き取ると、







酷いアザが浮き出た。













昨日まではこんなアザがなかった。











そこで、俺は気づいた。















あなたは、
































































【虐待を受けている】のだと。__