第117話

🐤__
俺は、






あなたが作ってくれたオムライスを食べた。







それは、とっても美味しくて、























落ち着く味だった。





俺が、学校に言っていた間。





あなたは、家の掃除をしてくれたんだな。




なんて、優しいやつなんだろ。





最初は、変なやつだと思ったけど。







なんでかって?








だって、他の女はみんな俺と目が合えば、







キャーキャー言って近づいてくる。








だが、




















此奴は違った。







近寄るな。など言ってきた。





こんな奴は初めてだった。









もっと、此奴で遊んでみたいと思った。




















































でも、何故だろう。


























今では、











そんな感情はなくなって、







その変わり、アイツを想うようになった。











































面白いし、可愛い。





一つ一つの行動を見ていたいと思ってしまう。













そして、一つ一つ君のことを
























































知りたいと思うんだ。__