第154話

🐭__


あなたside。











今日は、体が少しだるかったから。



学校を休んだ。……いや、










学校に行きたくなかった。




ユンギと話すことも無くなって、



私は、ひとりぼっち……



正直、今思うと。



あの頃が1番楽しかったのかな。



そう思ってしまう。


私が学校へ楽しく行けたのも

全部……






貴方のおかげなのかもしれない。


でも、今気付いてもおそい。










あの時、素直にユンギと仲良くしとけば、






ウザイとか、言わずに。



ちゃんと、女の子らしくしとけば。





今もあの時みたいに一緒に居れたのかな。





誰からかは分からないが、




さっきからすごい電話、家督がなりっぱなしだし




でも、今はそーいう気分じゃない。













私が、今1番会いたい。話したい人は、









1人だけ。






ユンギ。












貴方は私の事が嫌い?