第109話

🐤__









私は、あれから気を失い









気づけば、










見知らぬ部屋にいた。
アンナ
アンナ
……ッ
ジミン
ジミン
あ、目。覚めたか。
アンナ
アンナ
ッ……
アンナ
アンナ
な、なんでここに!
ジミン
ジミン
お前、パニック障害になってたから。
アンナ
アンナ
え、……
アンナ
アンナ
あ。
ジミン
ジミン
ごめんな。
アンナ
アンナ
え、
ジミン
ジミン
俺が、あの時。
ノートを素直に返しとけば
ジミン
ジミン
こんなことにならずに済んだのに…
アンナ
アンナ
……
アンナ
アンナ
大丈夫。
ジミン
ジミン
え、
アンナ
アンナ
別に、
アンナ
アンナ
気にしてないからッ。(苦笑)
ジミン
ジミン
……
ジミン
ジミン
無理して、笑うなよ。
アンナ
アンナ
別に!!
無理。して笑ってないし。
ジミン
ジミン
……
ジミン
ジミン
お願いだから、
ジミン
ジミン
せめて、
ジミン
ジミン
二人きりの時ぐらい、
素直でいてくれよ。
ジミン
ジミン
強気でいなくていいって。
アンナ
アンナ
ッ……
アンナ
アンナ
ご、ごめん。
ジミン
ジミン
。
ジミン
ジミン
いや、謝るのは、俺の方だ。














次に言った彼の言葉に、








私は驚きと嬉しさでいっぱいになった。__