第141話

🐤__
アンナ
アンナ
涙))
アンナ
アンナ
もう、やだな~…
アンナ
アンナ
ほんとに短い間の恋だったな……





なんて、そーブツブツ言いながら、









秘密日記を見返していた…






すると、














⚪月⚪日⚪曜日








俺は今日。




あなたが書いているこの日記を見てしまった。





すると、



悲しい。


辛い。


この恋は終わった。


ジミンが好き。









などと、色々書いてあった。








もちろん、嬉しかった。




今にも、寝ているあなたを抱きしめたいぐらい。



でも、あなたの反応が怖くて、





俺の本音をこの日記に書いた。













あなたは、俺が書いたこの日記



読んでくれてるかな…





もし、そーだとしたら。嬉しいッ








俺は、好きな人と両思いになったと




ニコニコして、あなたに話せば



あなたは暗い顔をする。



告白するんだといえば、



涙目になっていた。




あなたは鈍感すぎるから、




分からないかもだけど、







あの言葉…全部あなたに対して言ったんだよ。



好きな人と両思いになった。



これは、




俺、あなたとやっと両思いになれた。


って意味で。




告白するんだ。



これは、





あなたに告白してもいいかな?




って意味なんだよ?



それでも、気づいてくれなくて、


少し悲しかったなぁ~



まぁ、そんな鈍感すぎるあなたが



















好きなんだけどなッ





アンナ
アンナ
え、……
アンナ
アンナ
なにこれ……
アンナ
アンナ
ジミンの馬鹿…
アンナ
アンナ
馬鹿馬鹿馬鹿ッ。
ギュ)))
アンナ
アンナ
え、
ジミン
ジミン
やっと、気づいてくれた?
アンナ
アンナ
ジミンッ
ジミン
ジミン
ほんと、あなたは鈍感すぎ~
アンナ
アンナ
だって、…
アンナ
アンナ
分かるわけ…ないじゃんッ(涙)
ジミン
ジミン
あ~、ほらほら泣かないで~
ジミン
ジミン
ねぇ、あなた?
ジミン
ジミン
俺と…付き合ってください。
アンナ
アンナ
うぅ…(涙)
アンナ
アンナ
はぃ~~ッ(涙)
ジミン
ジミン
もう、泣かないでよ~
ジミン
ジミン
泣いたら、チューしちゃうぞ??!
アンナ
アンナ
ジミンになら、いいッ
ジミン
ジミン
///か、可愛すぎかよッ
アンナ
アンナ
(ギュ)
アンナ
アンナ
……大好きだよッ

















ï½°ENDï½°










はいッ

無事ッ。

ジミンちゃん終わりましたッ



皆さんッどーだった?!





何気、ジミンちゃんの物語も好きだったなㅋㅋ



次は、ユンギ。


その次にグク。




の順番で出しますッ!!!!





待っててねー!