無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
3
2021/07/28

第2話

日常
ピピピッ 

朝か、 寝み〜

母「昴 起きなさーい 朝練遅れるよー」

やっば
7時からだった!!

あ『分かった 今準備する!』





あ『朝ごはんいらない いってきまーす』

母「もう、気をつけてよ」

ーーーーー
ガラガラー

あ『セーフ!!』

ゴツン
?「何が “セーフ!!” だ!!!」

?「時間ギリギリだよ!!」

あ『いってぇ〜 だからって殴んないでもいいじゃん!』




ガラガラー

?「おはよう 昴、湊」

あ『.........』

湊「.........」

あ『お前ウチより遅せぇじゃん!』

湊「真咲、アンタこれで何回目よ‪💢」

真「ほらほら〜 早く準備するよ〜」

湊「出来てないのアンタと昴だけよ!」


湊「ほら始めるよ!」




ドンドン シュパッ
湊「ナイっしゅー」

真「今日結構入るな!」

あ『うん 今日はスリーの調子がいい!』



湊「そろそろ終わるよ」

湊「気をつけ 礼。」

皆【ありがとうございました!!!】










ーーーーー
キーンコーンカーンコーン

あ『(今日午後練無いじゃん)』

モブ「すばるーじゃあね~」

あ『おう!またあしたー』

あ『(ストバス行こっかな〜)』










ドンドン シュッ

あ『(疲れた、、 休憩しよ、)』



あ『水でいっか、』
ガラガラーゴトン



ゴクゴク プハー
あ『(何だっけ?この曲、、)』←イヤホンして
音楽聞いてる



オイ、 オイ、おい!!

あ『なんだ!?』

?「やっと気づいたか、」

あ『えっと、、何 なんか用?』


?「お前バスケ部だろ?」

あ『えっ あぁ まぁ』

?「ちょっと相手しろ」

あ『いいけど、、』




ドン スパッ

?「お前案外上手いのな!」

あ『ありがとぅ?』

?「ああ お前名前は?」

あ『先に名乗ったらどう?』

?「俺は青峰 大輝だ!」

あ『私は白星 昴』

青「おう!よろしくな!」

あ『よろしく』

青「またここ来いよ」

青「じゃな!」

あ『おう! また』



あ『(イケメンだな、あいつ
結構タイプだな、)』



















すみません ここできります。