無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,546
2019/01/01

第11話

❁❀10話✿✾


ふーまside


❁❀同棲してる家にて✿✾


俺は、とにかく、一人で居たかった。


あなたが浮気してたなんて…


もう、とにかく


自分が情けなくて、


嫌になって、普通に居られなかった


そこに、あなたが帰ってきた。
あなた
あなた
ふーまっ!
ふーま
ふーま
なんで、帰ってきたんだよ。


思ってもないことを、


口にしてしまった。。
あなた
あなた
あのね、違うの、


もう、俺は、自分に対する怒りで


あなたに八つ当たりしてしまった


あなたを押し倒した


そして、強引に
あなた
あなた
んんっ…///やめてってっ
あなた
あなた
ねぇ、お願い…やめてっ


その言葉が、


俺のどっかに引っかかった。
ふーま
ふーま
あー、そうか、
お前の好きな奴は中島だもんな!!?
あなた
あなた
違うっ
あなた
あなた
私の好きな人は…
ふーま
ふーま
もう。いいよ、
ふーま
ふーま
もう、別れよ。
あなた
あなた
何それ。
あなた
あなた
ふーまだって、浮気してたくせにさ、
なんで、私だけ怒られなきゃいけないの!?
あなた
あなた
人の話もろくに聞かないで!
あなた
あなた
最低っ、見損なった。
ふーま
ふーま
は?こっちのセリフだよ


あなたが出ていってしまった。


俺、最低っ


また、やっちゃった。


思ってもないことばっか口にして。


傷付けちゃったよ。あなたのこと。


もう、遅いよね、


あなた、ほんとにごめん。


もう、だめかな、俺たち。


俺のせいだよな?


ほんとにごめん。


明日、あなたに話をしないと。


なんて、考えてるうちに


俺の膝に、水滴が落ちた


何だ、これ?


泣いてんの?俺、、


そんなに好きだったの、


もう、明日から生きていけないよ…?


あなた…。