無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,377
2019/01/13

第13話

❁❀12話✿✾
ふーまside


学校に行っても、


あなたに無視される


ダメだ、もう...
ふーま
ふーま
あなた...
あなた
あなた
...


教室を出ていってしまう、


止めないとっ。


止めようとした時。


あなたが倒れて、しまった。
ふーま
ふーま
大丈夫かっあなた!!


お姫様抱っこして、保健室に連れてった


あなたはまだ、眠ってる


その間、ずっとずっと、


あなたの事を考えてた


俺のせいだ。


あんな、軽い気持ちで、


誤解をまねくことをして


ほんとにごめんな?


俺のせいだよな?


ほんとに、ごめん。


頼むから、無事で、


顔から、沢山の涙


知らぬうちに、溢れてた...


あなたが目を覚ましたっ
あなた
あなた
...ふーまっ?
ふーま
ふーま
あなたっ!
ふーま
ふーま
ほんとに、ごめん。
俺、あなたが最近冷たいと思って、
軽率な誤解を招くような真似ばっかしてた。でも、ほんとに好きなのはあなただけだ。ほんとに、ごめん。
俺のせいでこんなになって...
あなた
あなた
もう、いいよ?笑笑
あなた
あなた
ふーまが私を運んでくれたんだよね?
ふーま
ふーま
うん...
あなた
あなた
私もごめんね?
健人には、ふーまが浮気してるかも
って相談してただけだからね、?
ごめんね...?
ふーま
ふーま
相談することになったのも、
俺が軽い気持ちであの女と遊んでたからだよな?全部俺のせいだよな?ごめんな?
なのに、勝手に怒って...
あなた
あなた
ううん。ごめんね、?
ふーま
ふーま
ごめんっ...


俺は、ぎゅっと抱きしめた。


もう、二度とあなたを


離したくないよ?