無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🐥


その場に耐えられなくなった私は


💎『用事思い出したッ…』

🐥『え?』

💎『かんがえごとしてたら思い出したの』

🐥『そっか』


そう言って帰る支度をした


急いで帰る支度をしてた私にはジミンなんて


見えてなかった


でも 帰る時に聞こえた言葉は


🐥『帰ってほしくない…((小声』


ごめんね


今はじみんといたくない


next