無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

No.8
私 は 夜 中 に 目 が 覚 め た
急 な 激 痛 だ っ た 
あなた
あなた
(( ト イ レ 行 こ
てひょん
てひょん
あなたどうした??
あなた
あなた
ちょっとお腹痛くてトイレ行ってくる
てひょん
てひょん
俺もついてく待ってるよ
あなた
あなた
いいよ、多分食べ過ぎでなったかも
てひょん
てひょん
分かった
あなた
あなた
私はトイレに行った
てひょんもあなたの言うことを聞かずにトイレの前であなたを待っていた
あなた
あなた
((うぅ、痛い
ガチャ
てひょん
てひょん
あ、どう?大丈夫?
あなた
あなた
ううん、大丈夫じゃないかも
しずく
しずく
……
そこをあなたのお姉ちゃんは目撃していた
お腹を撫でながら2階へ
あなたは小さい頃からお腹が弱くすぐお腹を崩しやすい子だった
てひょん
てひょん
大丈夫??
毛布を掛けてくれてお腹の痛みが治るまで一緒にいてくれるてひょん
あなた
あなた
ちょっとは楽になったありがとてひょん寝ていいよ
てひょん
てひょん
ううんあなたが寝てから寝る
眠そうなてひょん顔に出ててバレバレ笑
それでも、お腹を撫でてくれる
そして、やっとお腹の痛みは治った
現在2時
あなた
あなた
ありがとてひょんっ
てひょん
てひょん
すやぁ))
ほっぺにキスをして私も寝た
☀✨
あなた
あなた
ふぁ~
朝からお姉ちゃんに遭遇
あなた
あなた
ふんっ))
しずく
しずく
((あっ……
あなた
あなた
おはよお父さんお母さん
母父「おはよぉ~」

母「いつもなら私が起こすのに大人にたったわねぇ」
あなた
あなた
うっさい!!
母父「今日デート❤だから」
あなた
あなた
あ、うん
母と父かなり今でもラブラブなんです(ボソッ)
父母「じゃあ行ってきます~しずくあとは頼んだ」
そのまま母達はどっかに行ってしまった
しずく
しずく
あなた??
あなた
あなた
なに
どうしても無視は出来ないあなた
しずく
しずく
昨日お腹痛かったんでしょ?大丈夫??
あなた
あなた
うん大丈夫てひょんが居るから
しずく
しずく
ほんとにあの子でいいの??
あなた
あなた
当たり前だよてひょんは私のヒーローだもん
そう、私が車にひかれそうになった時に私を助けてくれたヒーロー←これは今度話すね★
しずく
しずく
あなたお姉ちゃん心配なの
しずく
しずく
あなたが傷つくのが
あなた
あなた
お姉ちゃん、あの話は辞めて、
しずく
しずく
また、あんな事がa
あなた
あなた
やめて
私は強く行ってしまった
あなた
あなた
あ、ごめん
────────────────────────
あにょんあにょん!!
新しい小説出しました~!!
そろそろ、ファンネームとか作るたいんですけど、なんかアイディアありません??←ないか★
あと、ぱくの部屋的みたいな小説出そうかなぁ~なんてプライベートのお話とかしたいんですけど、あった方がいいですかね?←要らないか!?★

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

名無しさん
本 当 に 皆 あ り が と う 。 プ リ 小 説 は こ の ま ま 記 念 に ㅋㅋ ま た 逢 う 日 ま で ~ 。 卵 に パ ク チ ー よ り
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る