無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

じゅういち。
ー現在ー















高校時代が懐かしい。










そんな事を考えていた。










そういえば高校卒業以来ジンと会ってないな。、









ゆりは病院にお見舞いに来てくれるし、










あなたは今こうやって会えたけど。










俺は高校卒業後すぐに仕事したから知らないだけか。









他は大学行ったもんな。










川栄 つぐみ(あなた
…~い、お~い。聞いてる?
鮎川 樹(岸 優太
あ、あぁ。ごめん。
川栄 つぐみ(あなた
ってかさ、

ゆりってどこ行ったか知ってる?

高校卒業以来見てないんだけど~
鮎川 樹(岸 優太
ゆり?

ゆりは時々病院に来てくれるけど…
川栄 つぐみ(あなた
え、そうなの?

今どこにいるんだろ…
鮎川 樹(岸 優太
今、?

ゆり、今日仕事だと思う。
川栄 つぐみ(あなた
え、なにそれ!付き合ってんの?
鮎川 樹(岸 優太
いや、お見舞いに来てくれるだけ!
川栄 つぐみ(あなた
ふ~ん。
鮎川 樹(岸 優太
じゃ、ゆりの会社行ってみるか!
川栄 つぐみ(あなた
え、大丈夫なの?!
鮎川 樹(岸 優太
ん?なにが?
川栄 つぐみ(あなた
急に行って迷惑じゃないかな?
鮎川 樹(岸 優太
今、お昼休憩だろうし…大丈夫だろ。
川栄 つぐみ(あなた
そっか。じゃあ行こっかな。
鮎川 樹(岸 優太
よし。行こう。

ここから近いし、大丈夫だろ。
川栄 つぐみ(あなた
優太めっちゃ知ってるね!

私なんか年賀状送る位なのに…
鮎川 樹(岸 優太
え、嫉妬?
川栄 つぐみ(あなた
違うし!
川栄 つぐみ(あなた
もう!早く行こ?
鮎川 樹(岸 優太
おう。









ゆりの仕事を見に行こう。










そう思い二人でカフェを出た。