無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

に。
あの日心に誓ったことを









俺は、忘れたことはない。









どれだけ励まされても。









そんな時だった。









キミに再会したのは。








川栄 つぐみ(あなた
優太…?









現れたのは









高校の同級生のキミだった。









高校時代もそれなりの仲だった。









仲はいい方。









''友達以上恋人未満''









そんな関係だったと思う。









川栄 つぐみ(あなた
どう…したの…?
鮎川 樹(岸 優太
事故。

下半身、一生動かないんだって。
川栄 つぐみ(あなた
そう…なんだ。
鮎川 樹(岸 優太
なぁ(同時
川栄 つぐみ(あなた
ねぇ(同時
川栄 つぐみ(あなた
あ、ごめn
鮎川 樹(岸 優太
今時間ある?
川栄 つぐみ(あなた
うん
鮎川 樹(岸 優太
話したい。
川栄 つぐみ(あなた
うん

あ、どっか入ろっか?
鮎川 樹(岸 優太
あそこのカフェは?
川栄 つぐみ(あなた
…懐かしいね。
鮎川 樹(岸 優太
何が…?
川栄 つぐみ(あなた
高校時代。
鮎川 樹(岸 優太
うん。懐かしい。









この頃からだったかもしれない。









毎日が色つきはじめたのは。