無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

きゅう。
鮎川 樹(岸 優太
ん?
優太side

























「はーい。おじゃましまーす。」










ってな感じではいってくるジン。










俺とジンは仲がいい。










幼なじみって感じだ。










あなたと俺とジンと。










幼なじみ4人組だ。









鮎川 樹(岸 優太
ジン。

とりあえず中上がって?
神宮寺 勇太
で?
神宮寺 勇太
なんで優太がここにいんの?
鮎川 樹(岸 優太
あなたに言うことは?
神宮寺 勇太
神宮寺 勇太
そうだよ。あなたは悪くないんだよ

俺を振ったとこ以外は。
じんぐーじ(LINE
なんで?!あなたは?!
神宮寺 勇太
は?
鮎川 樹(岸 優太
ジンさ、あなたのことストーカー

してんだろ?あなたが嫌がってる。

なんでそんな事してんの?
神宮寺 勇太
好きだからだよ。
鮎川 樹(岸 優太
あなたからのお願い。
鮎川 樹(岸 優太
でも、相手が嫌がる事したらだめd
神宮寺 勇太
あなたが悪いんだよ。
鮎川 樹(岸 優太
あなたはなにもしてないだろ。
神宮寺 勇太
あんな事言うから。

大人しく俺に従ってたらこんな事してないのに。
鮎川 樹(岸 優太
ん?なんて言った?
鮎川 樹(岸 優太
あなたが?振った?
神宮寺 勇太
俺さ、今まで振られたことないから

振られたの初めてだから。

どうしていいか分かんなかったんだよ
神宮寺 勇太
鮎川 樹(岸 優太
今ゆりの家にいる。









バッ










っとジンは走りだした。