無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

497
2018/06/05

第4話

カトク





“ ジョングク ”









やっぱり、、、、




ついさっき知り合ったばっかで




なのに馴れ馴れしくて




しつこい奴からのカトク




めんどくさい




嬉しくなんてない、はずなのに……




あなた

なんでこんなにドキドキするの、、?






ピコンッ ピコンッ ピコンッ ピコンッ




立て続けになる音




仕方ないな、なんて思いながら




いや、




そう思えたらどれだけいいだろう、なんて考えながらトークを開く




ジョングク(カトク)
せんぱーい!
ジョングク(カトク)
名前、あなたって言うんですね!
ジョングク(カトク)
すごく似合ってて可愛い名前ですね!
ジョングク(カトク)
これから、っていうか
ジョングク(カトク)
ついさっき知り合ったばっかっですけど…





さっきまでピコピコ言ってたのに




こういうとこで人ってためるんだよね




なんて思う




ピコンッ




きた、、




恐る恐る画面をのぞくと




ジョングク(カトク)
先輩のこと、ヌナって呼んでいいですか?





え、




ヤバいヤバい




あの顔でヌナとか言われたらマジむり




ほんまにやられる




でもほんとはすごく嬉しくて────




私は半ば無意識に返信していた




カトク
しょうがないなーㅋㅋ
カトク
いいよ




・・・・・・・・・




なにもこない




え、今の返信ダメだった……?




すると



ジョングク(カトク)
ほんとに?
カトク
うん、ほんと
ジョングク(カトク)
ありがと!あなたヌナ!
カトク
いーえ




一応、よかった………けど




チョンくん(チャラ男←え。)のことだし




もう少し喜んでくれると思ったのに…




よくわかんないけど、










なんかショック