無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

521
2018/06/04

第3話

チョンくん
なんだろう









ついさっき初めて知った奴なのに




家に帰ってからも




チョンくんのことが頭から離れない




あのPerfect Faceにチャラチャラした感じ




いかにもモテる雰囲気だよね




つか、モテるよね




あなた

はぁ………





ほんと、ため息しかでないよ…




え?




ため息?私が??なんで???




意味がわかんない




ただチョンくんのことを考えてるだけなのに




それでため息がでるって……




いや、ありえない、絶対!!




あんなチャラくて誰にでもいい顔するような奴、私のタイプじゃないし




もっと誠実で、一途で、私だけを大切にしてくれるような人がいいの!




って、私ってば一人で………



あなた

なにムキになってんだろ、、





ピコンッ




カトクだ




え、まだ部活の時間なのに……




相手がだいたい予想できて




それだけで無性に心がざわつく




胸がキュッとなる




思い通りに動かない指先をどうにか使い画面を開く




するとそこには、




“ ジョングク ”