無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

559
2018/06/03

第2話

はじまり

一年前









私は高校2年生




高校に入って初めての後輩ができる




でも私、今はもう部活に所属していないの




ケガをした影響でできなくなっちゃってね




だから後輩と接することも多分少ないだろうし




ちょっと寂しいな……




放課後




部活の勧誘が始まる




一年生たちが一斉に散らばっていく




あなた

いーなー、、

ジョングク
なにがっすか?
あなた

部活、それと後輩…ん?うわぁ!?

ジョングク
やればいいじゃないですか、部活
あなた

できないの!てか、誰?

ジョングク
チョンです!
あなた

チョン、くん?

ジョングク
あー、やっぱジョングク!
あなた

下の名前?

ジョングク
はいっ!
あなた

…じゃーね、チョンくん

ジョングク
え!?ジョングクって言いましたよね?
あなた

うん

ジョングク
じゃあなんでチョンくんなんすか!?
あなた

………気分。じゃ

ジョングク
ストップ、ストップ!!
あなた

もう、なに?

ジョングク
ここは普通、一緒に帰りません?
あなた

帰んない。ついさっき知り合ったばっかじゃん

ジョングク
だから、仲を深めるためにも!
あなた

遠慮しておきます

ジョングク
(。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…
あなた

もう帰るね

ジョングク
待って!せめて連絡先だけでも…ダメっすか?
あなた

はあ、、いーよ






なんだコイツ




めっちゃしつこいし




つか一緒に帰るとか部活入んないのかな




だとしたら、なんだろ




なんでかはわかんないけど




少しだけ









うれしい