無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

474
2018/06/15

第7話

放課後デート……?
放課後




モモはダンス部に入っているため帰りの会が終わるとすぐに行ってしまう




・・・・・・帰るか




校門を出、、ようとすると




また捕まった……




ジョングク
ヌナぁ〜どっか行こー?
あなた

私にはもう構わないんじゃないの?

ジョングク
なんで、?
あなた

………なんでもない





目を真ん丸にして驚いてる




朝のは…気にしてないのか




そりゃそっか




チャラ男はいちいち気に止めないもんね




つーか、私はオトす女にエントリーされてないんじゃなかったっけ?




気が変わったとか??




まあなんでもいーや




正直に言えば、




チョンくんと話せて喜んでる私もいる




ほんっっっとに少しだけどね?




ジョングク
なんでもないんだったらどっか行こ!!
あなた

どっかってどこよ…

ジョングク
それはヌナの好きな場所!
カフェでもいーし、ショッピングでもいーし、ね?
あなた

・・・カフェならいーよ、

ジョングク
え………ほんとッ!!?
あなた

うん、ほんと

ジョングク
やったぁ〜!!!はやく行こ、あなたヌナ♡おすすめのカフェ紹介する!
あなた

はいはい、どーもㅋㅋ










カフェ到着




ジョングク
ここだよ!
あなた

へぇ…可愛いお店、、

ジョングク
入ろ入ろ♬
あなた

うんㅋㅋ





店員さん『ご注文は?』




ジョングク
うーん…ヌナは何にする?
あなた

パフェとパンケーキで悩み中(´・-・`)

ジョングク
じゃあ僕がパンケーキでヌナはパフェ!それで半分こしよ☆
あなた

それいい!!

ジョングク
(o´艸`)♡




うわッ…つい、大きな声出しちゃった…




チョンくんの前ではテンション上げないようにしてたのにぃ〜!!




店員『ごゆっくりどうぞ』




私の心の中のお喋りが終わると注文も終わったらしく店員さんがいなくなる




ジョングク
やっぱりヌナ可愛い♡
あなた

可愛くないッ!!

ジョングク
僕は、どんなヌナも、もちろんすっごく好きだけどね
ジョングク
自然体で笑ってるヌナが1番好き…だから、これからも笑ってよ僕の前でも…
あなた

す、好きでもない子にそんなこと言っちゃダメ!!

ジョングク
ヌナ、好きだよ?
あなた

は、はぁ!?

ジョングク
だから、好きだって…
あなた

何人もの子にこういうセリフ言ってるんでしょ?

ジョングク
いや、、
あなた

はいはい、ありがとㅋㅋ

ジョングク
ほんとに僕は、
あなた

大丈夫大丈夫、もうその話はいいから、ね?

ジョングク
・・・・・・はい









そのあと私たちは一言も言葉を交わさず、半分こもせず、黙々と食べて店を出た




ただ、何も言わなかったけど




チョンくんは自分の家とは反対方向の私を、家まで送ってくれた