無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

437
2018/06/15

第8話

移動教室
今日の1時間目は理科




移動教室めんど、とか思ってると




え、待って




色々な授業変更のせいで一日中北校舎と南校舎を行ったり来たりなんですけど!?




まじウザいわ( ˙-˙ )



仕方なく理科の準備をして廊下を歩き始める




すると後ろから声をかけられた




テヒョン
あなた、一緒に行こーぜ!




・・・・・・・・・・・・・・・




なんだよ、お前かよ




あっいや、別に他の奴を期待してたとかそんなんじゃないけど?




それよりコイツの紹介するね




名前はキムテヒョン

ニックネームはテテ

私の幼なじm……腐れ縁ってやつ

よくわかんないけどモテるらしい

性格は超子供っぽいのにね

ちな、バスケ部←知り合いのミン先輩?に誘われたらしい




テヒョン
ちょっ、無視??
あなた

あーごめ、ぼーっとしてたわ

テヒョン
あなた常に意識飛んでる説
あなた

やめとけ( ˙-˙ )

テヒョン
普通に怖ㅋㅋあッ!!移動!
あなた

それ忘れんなㅋㅋ

テヒョン
なんでそんな余裕なわけ!?時間ッ!!




8:56




1時間目は9:00から




あなた

・・・はーーーッ!?テテのせいで!!

テヒョン
なんで俺!?
あなた

テテが絡んできたから!

テヒョン
ごめんって!それより急いd…あーッ//




グッ




テテに手首を掴まれる




あなた

えッ………?

テヒョン
今はとにかく遅れないことが第一、だから、、!!
あなた

そか……ありがと!!

テヒョン
////  はやく、走るぞ!!
あなた

はいはいㅋㅋ





私はテテに手首を掴まれたまま廊下を走る




なんか青春映画のワンシーンみたいㅋㅋ




1年の廊下を通る




すると女子たちの黄色い声が聞こえた




テテ、またファン増えたなㅋㅋ




ふわっと優しい風がきた




誰かとすれ違った




微かに見覚えのある後ろ姿




もしかして、、




急にテテがとまった




そして、その人は振り返った