プリ小説
一覧へ

第3話

ねぇ
ねぇ。君は自由になりたい?
どこかの喫茶店で、少女と話したのを覚えています
??
自由…?
そう。
自由。
??
今だって…充実してるじゃ無いか。
その時は…まだ正常だったと思います
会話もできていたと思います。
ふふ…これが本当の自由?
??
そうなる…だろ。
笑わせないで。
規則上の自由なんてただの束縛。
そこに自由があるなんて馬鹿らしい。
??
…でも…規則は守らないと。
…馬鹿ね。
私達《人外》がなんで
弱い存在に従わなきゃダメなの?
??
それは…
この時から意識は薄れ始めました。
大丈夫。きっと楽になれる。
??
君の大好きな彼女も救われる…
そこから僕の意識は途絶えました。
《目が覚めたら自由になれるわ。》

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

しらす
しらす
しらすの為に生きる✌︎('ω'✌︎ ) 語彙力が欲しいんです。 推しを語れる語彙力が!!! 脱字、誤字が多いので 見かけたら遠慮なく… コメント泣いて喜びます 完結作品 【運命のターゲットに】 【感情を言葉にしたとて】 【戦華都市ー生きた少女ー】 【気分的ライフゲーム】 連載作品 【一定寿命《国に決められた時間》】 【お姫様は恐怖症】 【永遠を知らない君へ】 【有名男子高校生】 失踪作品 色々 連載予定作品 【欲張りさん】 【嫌われ世界にさよならを】 【ジョーカーゲーム–joker–】