無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

川西拓海 倦怠期② 010
417
2021/06/05 11:30







あれからも変わらない日常




















のはずが、、、、








最近彼氏の様子がおかしいんです。














あなた「拓海〜!!!!」









拓海「ん、、、」











またその後も














あなた「一緒に寝る〜??」












拓海「いや、いい」











こんな感じで冷たくて……














拓海の前で余裕ぶってる私が









心の中で限界突破しそうです



























拓海side〜



















俺は最近あなたにすごく冷たい












倦怠期って言うものが来ちゃったみたい












あなたの事が好きだよ



















でも、、何かが違うんだ














前みたいにデレデレする気にはならないし……、

















あなたも別に嫌がってないし、、













むしろ、、、良く思ってそうだし

















あなたside














あ〜どうしよう














お兄ちゃんにでも電話するか……








プルルルルル






あなた「けい君!!!!」








景瑚「どした〜珍しいね」








あなた「彼氏が倦怠期みたいな感じでやばいの!!!!」













景瑚「そりゃそうだろ」










景瑚「だって素直に気持ち言えないじゃん」
















あなた「だって引かれちゃいそうだもん!!!!」













景瑚「その調子じゃ倦怠期は乗り越えられないね」














あなた「けい兄!!!!」









(拓海:なんだ、、、そう言う事か……だから冷たかったんだ……)

















景瑚「仲直りしたいなら、、ちゃんと気持ち伝えな??俺はそっちがいい」













あなた「喧嘩したみたいに言わないで」














あなた「まぁとりあえずありがとう」











景瑚「ほーい」





































まぁ、、、男の子の方が分かるからけい兄に行ったけど















本当に、、、いいのかな……



















でも、、とりあえず試すだけ試そう!!!!























拓海から、嫌われるのだけはごめんだから……
















私もう生きていけなさそうだし……

























nextめっちゃ間空いてごめんね🙇‍♀️??