無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

佐藤先輩② 007
410
2021/05/10 12:51








景瑚side


























昨日から、、、あなたが来てない……




















あんなに何があっても俺の所に好きって必ず言いに来てたのに……






























ウザイな……とか思ってたけど……実際居なくならると寂しいな……














👨「あの子来ないね」









👨「あ〜あの可愛い子??」











景瑚「可愛いとか言うな」














👨「景瑚いつも、、対応塩で可哀想だから俺狙っていい?」












景瑚『無理。もっとうるさくなる』






















今日は、、何かあったんだろう……













でも、まさかだけど、、、って、、、、、何気にしてんだよ
















明日は来るだろう


























次の日












、、、いくら待っても来ない……













俺今気づいた













あいつの事好きかもしれない
















あいつの「好き」は日常になりすぎて気づかなかったのかも、、





















俺の事嫌いになったとか、、













どうしよう














今までなんで気づかなかったんだよ!!!!




















〜〜








〜1年教室〜













景瑚「あなたいる?」












「今日具合悪くて倒れちゃったから、、保健室にいるよ」














そうとなれば行くしかねぇだろ






















ー保健室ー






















景瑚『あなたいますか?』











先生「いるわよ!ちょうど良かった!!!!先生これから出勤だから面倒見ててくれる???お願いね」












景瑚「え、ちょっ、、、」













あなたどこにいるんだよ
















これ、、か、、













景瑚「あなたカーテン開けるぞ!いいのか??」









返事がない、、、、


















“ガラガラ”








景瑚「大丈夫か、、?」










『誰ですか、、、、って佐藤先輩!!!!???』














景瑚『いや、起きるな!横になってろ』














「あの、……ありがとうございます……でもなんでここに??」












景瑚『お前最近来ないから、、なんかあったのかなって』













「あ、、、ごめんなさい!!!!色々かぶちゃって💦」













景瑚『いや、大丈夫』













「でも、そんな私の事気にかけてくれたんですか?」













景瑚『まぁ、、、、好きな人だし』















「え、、ス、好きな人……いや、聞き間違えか、、耳鼻科に行った方がいいのかなっ」













景瑚「ㅋㅋいや、本当の事だし間違ってない」











『え?あ、』











景瑚『口に出てたㅋㅋ』













「⁄(⁄ ⁄•⁄ω⁄•⁄ ⁄)⁄」













景瑚『可愛いっ笑笑』















「か、か、可愛い、、、やばい やっぱり佐藤先輩大好きです」













景瑚「俺も」
















景瑚『久しぶりにあえてスッキリした』


































「私っ……佐藤先輩不足です。」














ㅋㅋそうやって目をつぶって恥ずかしながら言うあなたがめっちゃ可愛くてやばいのはこっちだしっ


























景瑚『なら、思う存分俺を自由にしていいよ』













「え、、、、なら、お言葉に甘えて……ㅋㅋ!!!!」












ギュッ🤗













『、、先輩の匂いだ……クンクンあぁやばい』













え、??なんか










景瑚『顔とろけてっけど……』













これだけで??





















景瑚「俺の事めっちゃ好きじゃん笑笑」





















「もちろんです!!!!景瑚先輩しか見えないほど」





















景瑚『あっ!てか、今日あれ聞いてないな……』











『あっ!先輩!!!!好きです!!!!付きa……













景瑚『俺と付き合って??強制だけど、、』
















『もちろんです///////』















景瑚『ㅋㅋよく見てみるとお前めっちゃ可愛いじゃん??』













『照れるのでそんなド直球な言葉やめてください』













景瑚『そういう所がいいんだけど??』













景瑚『お前浮気したら紐で縛るから??特に俺の友達とか』













⬆ちゃっかり気にしてる景瑚君















『先輩に縛られるなら全然おkです!!!!逆に、、縛られてみたいです!!!!』



















景瑚「こいつ、分かってない……し」




















まぁそんな所も可愛いけど、、ね、、






















『先輩こそ他の女の子は見ないでください』






























景瑚『絶対しない…………だってあなたしか見えないもん』








































next