無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

389
2021/09/24

第9話

🖤
あれから大我とはほとんど話さなくなった
真奈と過ごす時間は楽しかった
でも,やっぱり頭に浮かぶのは大我だった
真奈
…くん
真奈
北斗くん!
北斗
北斗
あ、ごめん
北斗
北斗
何?
真奈
最近よくボーっとしてるよね?
真奈
大丈夫?
北斗
北斗
うん、平気
北斗
北斗
ちょっと考え事してるだけだから
真奈
それって大我くん?
北斗
北斗
え?
真奈
やっぱり
真奈
いつも目で追ってるよ?大我くんのこと
特にジェシーくんと一緒の時は
嘘,俺そんなに見てた?
真奈
そんなに2人が気になる?
北斗
北斗
いや、別に
すると真奈の顔が今までの優しい表情とは真逆の表情になった
真奈
じゃあ、これからは私だけを見てね!!
声は明るいけど目が笑ってない
真奈
私以外の人と話さないで
真奈
特に大我くん
北斗
北斗
は?お前何言ってんの?
北斗
北斗
なんで大我が出てくるんだよ!!
ドンッ
北斗
北斗
ッ…
なぜか思いっきり押された
俺は勢いよく倒れてしまった
真奈
そんなの決まってんでしょ
真奈
あんたの頭の中から大我くんを消したいからよ
北斗
北斗
そんなの無理に決まってんだろ
真奈
は?
北斗
北斗
お前ってそんなやつだったんだ
北斗
北斗
もういい、別れよ
真奈
そんなこと、言ってもいいのかな〜
北斗
北斗
は?
真奈
大我くんに何かあっても知らないよ〜
真奈
それでもいいの?
北斗
北斗
…
北斗
北斗
わかった、別れない
北斗
北斗
その代わり大我には何もすんな
真奈
それは北斗くん次第だな〜
それからと言うもの,真奈の暴力はエスカレートしていった
でも俺は大我のためにひたすら我慢し続けた